断捨離のつもりで年賀状を処分!でも、捨てられない年賀状もあった

どうしても捨てられなかったのは、亡くなった親戚からの年賀状だった

最近、年賀の挨拶にはメールやラインを用いる方が増え、年賀状はどんどん流行らなくなっていると聞きます。

私もいつのころからか、新しく知り合った方に年賀の挨拶をするときにはメールで済ませることが多くなり、年賀状は昔からの知り合いや友達、親戚など限られた人にしか書かなくなりました。

年賀状を出さないと、きちんと年賀の挨拶をした気にならない、という人もまだまだいますが、私の周りの人たちはそういうタイプではなく、お互いあっさりとメールやラインで「今年もよろしく」「今度○○に行こうね」などと言い交わしあい、それで済んでいます。

年賀状をあまり書かなくなってから、昔友人や知り合いにもらった年賀状が溜まっているのがとても気になり、いっそ断捨離のつもりで処分しようと試みたことがありました。

いちいち見返すと、友人たちのコメントに見入ってしまいなかなか処分できませんが、「この年賀状は私のところに来て、コメントを読まれた時点でその役割は終わったんだ」と物の本に書いてあったことを思い出しながら、淡々と処分しました。

いざ処分しようとするとその数がなかなか多く、また面白いコメントをしてあるものは気持ちが進まないこともあって、スムーズに行きませんでしたが、それでも去年や一昨年に来た分くらいは残して処分することに成功しました。

しかし、そんな中でも「どうしてもこれは残しておきたい」と思い、処分に至らなかった年賀状があります。

それはなくなった親戚からの年賀状です。

親戚がその年賀状を私にくれた当時、相手は老人ホームに入っていました。

もちろん年賀の挨拶をするためにホームには行っていたものの、それでも毎年年賀状をお互いに送りあうのが通例になっていました。

しかし、相手は手が不自由で、自分の身の回りのことも満足にできない状態だったので、私に出す年賀状は代わりにホームの方に書いてもらっていたのです。

直筆ではないと知りつつも、もう会えない懐かしいその人が私に残してくれた数少ない思い出の品となった年賀状です。

どうしても捨てる気にはなれませんでした。

年賀状に書いてある名前を見ただけで、不思議なものでその人が生きていた当時の声や、顔、仕草などを次々に思い出し、たくさんのいい思い出を残してくれたことを感謝する気持ちになりました。

もはや、こうなるとただの年賀状ではなく、愛惜の念がこもった思い出のはがきですので、これからもずっと手放すことはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です