年賀状だけのやり取りでも、疎遠になった方の現況を知れるから嬉しい

年賀状で感じる相手の思い。年賀状には一言添えるのを推奨したい

年賀状は、虚礼だとして出さないと言う方もおられます。

確かに正月休みが終われば、顔を合わせる会社の同僚などからの年賀状にはそうした側面もあるかも知れません。

また、最近では年賀状ではなく、スマホ等で年賀の挨拶を送って済まされる若者の少なくありません。

しかし、それぞれの人には、ある時期濃厚に付き合ったり、接触する機会があったものの、いつしか疎遠になり、何かの拍子にどうしているだろうかと気になる事も少なくありません。

そんな人から年賀状が送られてきて近況を知る事が出来るのは、非常に嬉しく感じます。

年賀状と言う昔からの習慣が無ければ、改まってハガキを出す機会もなく、完全に関係が切れてしまいます。

しかし年賀状だけでもやり取りしていれば、どこかで繋がりを持てている気がして、何となくほっとする事も少なく無いのです。

最近では、パソコンで自分でデザインを選んで年賀状を作成する事が一般的になっており、その年賀状のデザインを見ると、その人の人柄を感じる事も出来ます。

子供の写真を乗せている年賀状には賛否がありますが、子供の成長を喜んでいるその人の人柄だと思い、目くじらを立てる事もないと思います。

 

年賀状は、その人の近況を知るツールとして楽しみを抱いているものからすれば、最後の2,3行でも自筆でコメントが付けられていると、非常に嬉しく感じるものです。

儀礼的にパソコンで印刷のみを行っているのではなく、相手の事を思い浮かべ、その相手の人に適したコメントを付けてくれている事で、自分の事を意識してくれていると感じられ、嬉しいのです。

また年賀状の作成季節を前に、喪中はがきが届く事もあり、その人の両親が他界されて事を知る事も少なくありません。

こうした場合、そのご両親を知らなくても、もうそんな年齢になったのだと言う事を改めて気付かされることも少なくありません。

仕事が多忙で、中々準備できない方も多いでしょうが、自分の近況を知らせ、相手が元気で頑張っている事を念じて年賀状は送りたいものです。

ネットでフリー素材も沢山アップされており、実際に作成すればそんなに手が掛かるものでもありません。

そして、相手の事を思い起こし、自筆で簡単なコメントを添える事も忘れないで行いたいものです。

たかが年賀状ですが、そこには人間の様々な結びつきと、送る人の人柄が垣間見られるのです。

次年度には、そんな事を考えて年賀状を送りませんか?

疎遠になっていた関係が再び動き出す事もあり、本当に楽しいものだと思いますネ。

毎年作る父の年賀状で大失敗!上下を逆に印刷してしまった!

私は今実家で父親と二人暮らしをしていて、毎年12月に父親の年賀状をデザインしてあげています。

そして印刷も全て私が行っていて、年賀状を作ってあげる代わりに私は父親からお小遣いを貰っています。

いつもだいたい2千円くらい貰っています。

年賀状をデザインして印刷を全て行うというのは結構時間がかかるので、本当は3千円くらい貰いたいところなのですが、父親は家族ですし私は今父親に半分養って貰っている状態なので、そんなわがままも言える立場では無いので年賀状のお手伝いに対しては2千円が妥当なのかな~と思ったりします。

去年も私が父親の年賀状をデザインして印刷をしてあげたのですが、その年賀状の印刷が上と下を間違ってしまいました。

その事を父親に言うと、こんな年賀状では出せないからもう一回やり直してくれ!と言われて、私はスーパーマーケットに行って年賀状を父親が指定した枚数だけ買って、私は家に帰って年賀状をまた1から印刷し直しました。

去年は私は大失敗をしてしまったな~と思っています。

間違って印刷をしてしまった年賀状は、郵便局が行っているお年玉キャンペーンの時まで取っておいて、お年玉が当らないかチェックをしたのですが切手が数枚当っただけで、切手以上の品物は当りませんでした。

そして私は間違って印刷してしまった年賀状を切手と取り替えて貰う為に、近くの郵便局に行って取り替えて貰いました。

間違って印刷してしまった年賀状を切手に取り替えるのに、手数料も少しだけかかりました。

そして私は手数料を切手で支払い、手元には3千5百円くらいの新品の切手が残りました。

そして私はその新品の切手をお金にする為に、家の近くにある質屋さんに行って買い取って貰いました。

半額以下の値段の買取りになってしまい、私はがっくりしてしまいました。

それでもこんなに沢山の切手は手元にいらないので、全て質屋さんで買い取って貰うことにしました。

そして私は1000円ちょっとのお金で食べ物を買って帰りました。

新品の切手の買取り金額があまりにも安いことを父親に言うと、父親も少しがっくりしていたような感じがしました。

私はもう絶対に年賀状を間違って印刷しないようにしようと思いました。

きっと今年も私が父親が出す年賀状をデザインして印刷すると思うので、私はもう年賀状を間違って印刷をしないように、去年の事を踏まえて慎重に年賀状を印刷する機械にセットして印刷をしようかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です